読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんぴつ型。

どうぞみなさん、

 

鉛筆型人間、鉛筆型集団をつくってください。

 

鉛筆型人間とは、

 

中に一本芯が通って、周りに気を使うという事であります。

 

 

中に芯が通っているという事は、

 

この仕事は私の天職だと、地域社会に貢献するんだという強い信念!

 

 

明日に親しまれる自分をつくり!

明日に親しまれる企業をつくり!

明日に親しまれる業界団体をつくり!

明日に親しまれる地域社会、

就中(なかんずく)、明日に親しまれる伊予西条をつくるという事であります!

 

どうぞ夢を持ってください。

目標を持っていただきたい。

 

大きな夢。

小さな夢。

遠い夢。

近場の夢。

 

その夢に向かってあくなき挑戦!

未知への挑戦をするところに、

人間生き甲斐や遣り甲斐があるのだろうと思います。

 

生き甲斐とは、

高い志を持ち!

その志を実現しようと努力する過程で、感動的な体験を味わうことであり、

より高きを仰ぎ、

それを目標にして生きる生き方。

 

その生き甲斐、遣り甲斐を達成する為には!

 

力があるから重い荷物を背負うんじゃない!

重い荷物を背負うから力が出るんです!

 

という言葉を発しまして私の挨拶を終わります。

 

これは、三重県 津商工会議所青年部 初代会長竹林武一様が、

とある会の挨拶でお話されていた内容です。

 

むかし、

栗田陽一先輩から聞いたことを、

ノートに書いておりました。

 

 

鉛筆型人間。

 

それは、

 

『中に一本芯が通って、周りに気を使うことができ、自分の身を削って人の役に立つ』

 

そんな人を指す。

 

 f:id:masataka173:20170408192626j:image