読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第11回三役会。

今日は三役会でした!

 

祭り明けで忙しい中で沢山の三役の方に参加頂きました。

 

今日は議案も多く内容も深く、だいぶ時間が超過してしまいました。

 

そして祭り明けにも関わらず多くの皆さんに懇親会まで参加してもらいました。

 

今日改めて感じましたが、こういった組織に置いてもその他自企業にとっても同様に、

 

我が事に捉えて厳しい意見が必要なのだなと思います。

 

 

懇親会は私の嫌いな昇龍。

f:id:masataka173:20161019050223j:image

f:id:masataka173:20161019050231j:image

 

時間もだいぶ遅いのでここしかありませんでした。

 

ここ最近の役員会や三役会を通して改めて思うのは、

 

新しい事を考えたり、やろうとするには馬力がいりますね。

 

 

こういった場面では、いつも「ニーバーの祈り」を思い出します。。

 

「神よ、、変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。」

 

これは、

 

よく直前会長の石川さんが言ってる事で、

確かになぁ。

http://saijoyegishikawa.hatenablog.com/entry/2016/09/27/235028

 

と思います。

 

私はニーバーの祈りはあまり知りませんでしたが、

 

意識して見てみると、他の人もこの言葉を意識している人がいました。

 

変わる。

変えることの大切さは皆んなが思っているんですよね。

 

ただそれが本当に正しいのか正しくないのか、

 

答えを知ってるものは居らず。

 

そこに至るまでのプロセスをしっかり踏んで、

 

判断する必要があるのだと思います。

 

やってみなわからん、やったことしかのこらん。