読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その基準でいいんですか?

今朝は、4時半に起きて八幡浜であった朝の会に参加してきました。

 

f:id:masataka173:20170425222555j:image

 

 

4年前に講演でお世話になった、ウインローダーの高島民雄さんの講演があったからです!

f:id:masataka173:20170425222631j:image

 

その方は、東京で当社と同じような業種の会社を経営されていた方です。

 

その方が、4年前に当社の松山支店にお越しくださったときに、

 

色々とご指摘を頂いた事をいまだに覚えており、大切にしています。

 

どの様な指摘があったかというと。

 

①床のクッションフロアがめくれあがっていた。

稲見さん、この会社ではこれで良いんですか?

 

②お通しした会議室の椅子が古くてみすぼらしかった。

稲見さん、うちの会社ではこの椅子は廃棄物です。

 

決算書も見ていただきましたが。

 

③売り上げに対しての減価償却費率が低かった。

稲見さん、この売り上げに対してこの減価償却費だとすると、だいぶ古い車が多い様ですね。

 

④年々変動の無い数千万の有価証券株式があった。

稲見さん、この株式は何か御社の事業の役に立っているんですか?

大切なお客様の株で、お仕事を頂いたり、何かしらの役に。。

 

などなど。

 

そして高島さんは続けてこう言われました。

 

稲見さんねぇ。

これが稲見さんのところの会社の基準なんですよ。

 

めくれあがったフロア。

みすぼらしい椅子。

社員さんが喜ぶ新しい車より目先の利益。

昔からいい加減にあった有価証券。

などなど。

 

それまでの、そのままの基準で見ると、別に悪くはない。

 

だけど、少し基準をあげるとまったくもってダメ。

 

これが稲見さんのところの基準なんですよ。

 

基準を上げよう!

そう思って4年間色々変えてきました。

まだまだですが!

 

基準。

 

きじゅん。

 

kijun.

 

今朝も素晴らしいお話で、

71歳の高島さんから沢山のエネルギーを頂きました!