読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一発免停になります。

昨日は当社車両に搭載している、

 

ドライブレコーダーについて話を書きました。

 

そして、

 

今日も書きます。

 

ドライブレコーダーについて。

 

それは何故か?

 

今日も香川県で事故に遭った車両があり、

 

その映像があって問題解決したからです。

 

それは、

 

当社車両がコンビニに駐車している際、

 

当て逃げ事故に遭ったというものです。

 

 

コンビニで買い物をして出てくると、

 

数人がトラックの前に立って、ゴゾゴゾしていたそうです。

 

当て逃げされたことを知ったスタッフが、

 

会社と警察に連絡。

 

同時に事務所から、動画を録画してスタッフに送信。

 

車種と車番を伝え、数分後お縄となった。

 

そんな話です。

 

そして、気になって調べてみました、

 

そのドライバーはどのような処分を受けるのか?

 

普通の物損事故は、

基礎点数:安全運転義務違反 2点

 

ですが、

 

プラス当て逃げした場合は、
付加点数:当て逃げによる付加点数(危険防止措置義務違反) 5点

 

 合計7点で、一発免停になるそうです。

 

交通事故を起こした場合は、たとえ物損事故だとしても警察へ報告し必要な措置をとることが義務化されています。これを措置義務や報告義務と言い、当て逃げはこれに真っ向から違反することになり、その場合次のような罰則規定があります。

1年以下の懲役又は10万円以下の罰金

 

体罰金ですかね。

 

先方は、法人の営業ナンバーをとっている車両で、

 

午後一番で会社を代表して2名の方が、お断りに来られました。

 

素早い対応は見習いたいものです。

 

物損事故も人身事故も明日は我が身です。

 

逃げるのが一番よくないですね。

 

ドライバーの方は、気が動転していたのかもしれませんが、

 

そんな時ほど平常心。

 

もし逃げても、現場に戻る勇気を持ちましょう。

 

f:id:masataka173:20170420155028p:image