読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年輪や節を持とう。

今日。

 

東京への出張で、松山空港に朝一で行きました。

 

すると、昨日三役会に来てなかった、村上監事に会いました。

 

 

会うなり、寝ぼけた顔をして、昨日来なかった言い訳を言ってましたので、一言注意しておきました!

 

f:id:masataka173:20170119033531j:image

 f:id:masataka173:20170119033540j:image

 

こら。

 

さて、

うちの会社では、小冊子を使って毎朝朝礼をしています。

f:id:masataka173:20170119033640j:image

 

その小冊子に、『殻を脱ごう』と題してある事例が書かれていました。

 

その中に、先日紹介しました坂村真民先生の『殻』という詩が紹介されていました。

 

 

殻を脱ぐ

それは、

 かにもやる

それはとんぼやせみもやる

人間も、

これをやらねばならぬ

木は年輪を持つ

竹は節を持つ

人間も、

これを持たねばならぬ

うどの大木では

かにやとんぼや木や竹に笑われる

 生まれたままでは

万物の霊長とは言われぬ

殻を脱ごう

年輪や節を持とう

新しい自分を作るため

新しい世界を開くため

 

失敗をし、

頭を打ち、

悩み考え、

 

そして答えを出し、

 

また失敗したり、

成功したりしながら、

 

人間は一つ一つ年輪や節を積み重ねながら、

成長するんだと思います。

 

 

ただ、積み重ねるにしても、何を積み重ねるかが大事であると思いますが。。

 

私は、最近薪わりをしています。

f:id:masataka173:20170119033724j:image

f:id:masataka173:20170119033739j:image

 

年輪のある木を割っています。

 

ですが、そこに節があると、簡単に割ることは出来ません。

 

一つ一つ年輪を重ねるとともに、沢山の節を持った人間になりたい。

 

そう感じます。

 

皆さんは何を積み重ねますか?