読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこで名刺渡すか!

今日は朝早くから出発して宇和島支店に行っていました。

 

5年と10年の永年勤続の方がいて表彰するためにです。

 

また、昨日付で定年退職された事務員さんにお礼を伝えるために、自宅に寄らせてもらいました。

 

別れは淋しいですが、仕方ありません。

 

本当にお世話になり、ありがとうございました!

 

今日はその後、松野町に寄ってこの年末年始のCM撮影の下見をしました。

 

特に松野町の棚田は日本の棚田百選にも認定されているみたいですし、

 

 以下新聞から抜粋。

『国の文化審議会は、松野町蕨生(わらびょう)などの「奥内の棚田及び農山村景観」を重要文化的景観として新たに選定するよう、松野博一文部科学相に答申した。』

 http://mainichi.jp/articles/20161122/ddl/k38/040/623000c#csidx2386f98dfa7645cb28604b4c566ccdd

 

と新聞にも書かれてましたし、ニュースもしていました。

 

実際に行ってみるととてもキレイで、農家の方はとても大変なんだろうなと感じました。

f:id:masataka173:20161201210141j:image

 

田植えをしたときか、稲穂の実った時にでも撮影しに行きたいなと思います^_^

 

さて、今日は午後からお客様が来る予定でしたので、西条への帰路に着きました。

 

高速を走っているときにいつも思い出すことがあります。

 

それは、3~4年前の年末に遭遇した事故です。

 

私が直接目にした事故は今まででもこれくらいです。

 

夜7時頃、私は社用車で宇和島から松山へ片側一車線の高速を走っていました。

 

すると、長いトンネルのを抜けようとしたその時、私の二つ前の車がいきなりクラッシュしだしました。

 

くるくる回りだし、びっくりしたんですが、

 

私の前の車両の人も少し距離をとっていたことと、幸いにもその事故車は車線内にとどまった状態で止まり、大きな事故には至りませんでした。

 

 

そして、私と私の前の車両の人とで事故車両の中に閉じ込められている人を救出しようと、猛ダッシュで車に駆け寄り助け出しました。

 

そして私は警察へ電話し一通りの対応をしました。

 

運転していたのは、20代後半の女性で、ややぽっちゃり系の、

 

中高とバレー部のマネージャーをしてました。

 

 

という感じの女の子でした。

 

事故を起こして、気が動転していましたが、連絡すべきところにはきちんと連絡してて、

 

実はしっかり者で責任感が強いという印象も受けました。

 

さて車輌ですが、車線を塞ぎボンネットから蒸気を上げ、車輌下部から何やら液体のようなものが流れ、当然タイヤもパンクしていました。

 

後ろは渋滞です。

 

私と私の前の人は、このまま事故処理の警察が来るのを待つのみだと思っていました。

 

するとそこへ、何やら知ったげーな紳士そうな男の人が歩いてきて言いました。

 

車を除けましょう。

(車線横に少しポケットがあったのでそこへ)

 

ですが、私も私の前の人も、

 

要らない事をして車から火が出たり爆発してもいけないですし、

 

大丈夫ですか?と聞きました。

 

するとハンドルも回りますし大丈夫でしょ。

それに、このまま渋滞にして置いていいんですか?

 

と鼻で笑うように言ってきて、私も相方も正直好い気はしませんでした。

 

そしてその男は車に乗り込み、私たちに押してください!

 

、、、かなり腹が立ちましたが、一応一生懸命押していると!

 

そいつのハンドルの切り方が逆で、変な方向に動いています。

 

私がすかさず、ハンドル逆!逆!!

 

というとそいつはスミマセンこそありませんでしたが、少し焦った感じでハンドルを切り返し、

 

なんとかポケット部分に車両が納まりました。

 

そして、通れるようになったので私とその相方の人は、

 

その女の子にそれでは気をつけてね!

 

とだけ言って立ち去ろうとしたときに女の子が、

 

すみません、お名前と連絡先をお教えてください!

 

と言ってきました。

 

ですが、私と私の前の人はお互いのやってきたことを認め合い、

 

立ち去ろうとしたその時。

 

後から来た紳士そう奴が、

 

あっ、  ホ〇ダ〇〇〇の〇〇ですと名刺を渡していました!

 

お前ディーラーの営業マンか!

 

ここに何しに来たんぞ!

ここで名刺渡すかぁ?

 

ハンドル切り間違ったのなんだったんぞ!

 

という腹が立った出来事を思い出します。

 

以上!