読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうちん。

あと少しで西条祭りです。

 

今日ある屋台の提灯を西条市氷見にある岡本提灯に取りに行きました。

f:id:masataka173:20161012220642j:image

 

西条祭りに提灯は欠かせません!!!

 

 

インターホンを押すと、

 

どうぞ。

 

中に入って色々見させてもらいました!

 f:id:masataka173:20161012220934j:image

f:id:masataka173:20161012220948j:image

f:id:masataka173:20161012221000j:image

 

 

提灯を作るための道具全てが旦那さんの手造りだそうです。

f:id:masataka173:20161012221015j:image

f:id:masataka173:20161012221020j:image

 

旦那さんは去年亡くなったそうで、

 

今は息子さんやその奥さんが手伝ってくれながら家業を続けているんだそうです。

 

しかし、提灯を作るための道具全てが旦那さんの手作りとは驚きです!

 

これも椅子の骨組みを利用して造った道具だそうです。

f:id:masataka173:20161012221045j:image

 

 

私も西条市氷見出身なので色々な話をしている中で、

 

懐かしい話もしたりしました。

 

なくなると西条中の皆んなが困りますから!

 

そう伝えると、最近は若い人もつくり始めたからそんなに困りはせんのよ!

 

だけど家業やけんねぇ。

 

と、せかせかと提灯造りの段取りをすすめられてました。

 

今年分は全て仕上がっているとのことでしたが、

 

いつ何処の自治体から依頼があるかわからないから今のうちに段取りをしよんよ。

f:id:masataka173:20161012221113j:image

 

だって。

 

ほんと頭のさがる思いがしました。

 

手作りならではの温かさがありますね。

 

旦那さんが昨年旅立たれ、

 

寂しそうではありましたが、

 

旦那さんが残して逝った色々な道具が、

 

今まさに奥さんと旦那さんを繋ぎ合わせているんだなと感じました。

 

道具が奥さんの背中を押して提灯づくりをさせているようにも感じました。

 

早速私も新しい家の御神灯を頼んで帰りました!

 

来年の注文は一番目やと、とても喜んでくれました。

 

いつまでも元気でだんじりの提灯を造ってもらいたいなぁ!と思います。